博多独楽 家紋
二台目筑紫珠楽 三代目筑紫珠楽

福岡県無形文化財第一号指定

筑前博多独楽

博多独楽師 博多長之助 博多小蝶
博多独楽 曲芸師
独楽師 辻ビラ

皇室、将軍家に愛された博多の天覧芸

世界の文献にも残された博多伝統芸能

博多独楽とは WHAT IS HAKATA KOMA?

木の台に鉄の芯棒を使う事で起きた博多独楽 はかたこま)

~福の神を祈るならば 博多独楽~ 仙涯

仙厓さんの禅画にも残る 福岡県無形文化財第一号指定の曲独楽

多独楽は今の福岡、博多にある東長寺から起きたとされています。 

470年前に博多の10歳の少年 一太郎が遊びの一つであるケンカ独楽(こま)が大変上手く手にのせ巧みに紐を使い独楽を操る等を始めました。こうした”こま”という子供遊びから段々と曲芸へと発展させ、曲独楽を確立させて行きました。その後博多大変に有名になり、京都へ上がり四条河原で興行をし大きな噂となります。

当時の文献には「近くの歌舞伎小屋が潰れるほどの勢いだった」と書かれる程です。 

天皇や将軍家の御前にて披露し褒美を頂戴し菊桐の紋、 徳川家より葵の紋を使用し興行をする事を許されました。

江戸時代後期には海外にも進出しフランス、パリ万博に出演他、イギリスではエリザベス女王に謁見頂き公演をした記録やアメリカ大統領にも謁見頂いた記録が残されています。

昭和33年初代筑紫珠楽が福岡県無形文化財第一号に指定され、

現在は二十代当主宗家三代目筑紫珠楽に曲芸や独楽の製作等が引き継がれております


 

独楽紋

FOLLOW US ON STAGE

公演情報

刀の芸 刃渡り

はかた伝統芸能四季の舞 ~霜月〜

2021/11/27

【時間】

13:3015:30

【場所】

FFGホール(福岡市中央区天神2丁目13-1 福岡銀行本店地下)

【出演団体】

博多券番芸妓、筑前博多独楽、博多仁和加振興会、福岡民踊舞踊四季の会

【内容】

博多の伝統芸能団体による唄や舞

【参加費】

4,000円(税込)

【定員】

340名(全席自由席) ※会場定数の半数



▲:お電話又はメールでお問い合わせください

PHOTOS

博多独楽の活動の様子
福岡城桜まつり
二代目博多小蝶
筑紫彩楽
三谷柳水 相伝
アメリカ公演
キャナルシティ博多での公演
大野城市長へ表敬訪問
春日市長と共に
文化財報告会
襲名公演 三遊亭円楽師匠
イッテQでの一コマ 

博多独楽一門 研修生募集

1年間を通して古典芸能(筑前博多独楽、博多金獅子太鼓)学んで頂きながら、芸能のお仕事やエンターテイメントのお仕事を

学んで頂けます。

条件 中学生以上(親のご承諾が必要になります)。月学3万円 1年間36万円になります。

(博多独楽の取得も含めてありますが、自分用の道具を希望の方は別途必要になります。)

株式会社 筑前博多独楽

本部 〒811-1351 福岡県福岡市南区屋形原4-35-5
TEL 092-409-4882  FAX 092-409-4883
東京支店 〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-36-13 2F
通常のお問い合わせは福岡(本部)にご連絡下さいませ。

Entertainment Creative Company.HAKATA KOMA INC  博多独楽、博多金獅子太鼓 Official Website

博多こま家紋

このウェブサイトでは Cookie を使用しています。詳細は当社の プライバシーポリシー を参照してください。

OK